看護師と保健師の関係について

医療関係の資格を見てみると、看護師に似たような資格として保健師という言葉は出て来ます。転職サイトや口コミではあまり目にしませんが、保健と看護では一体何が違うのでしょうか。


看護師は病気になった人を・保健師は病気になる前の人を

看護師は基本的に病院や介護施設に勤務し、体調を崩して来院した人への対応や入院している方のケアや、医師の指示のもと医療サポートを行います。保健師は、学校や地域の施設に常勤し、ちょっとした怪我の治療や医療の相談を一手に引き受けます。まだ学生の頃、体育の時間や休み時間に怪我をして保健室に行きませんでしたか?あの時に治療をしてくれた方が、保健師です。


保健師は看護師の一歩上いく資格

保健師は看護師と保健師、両方の国家資格が必要になる職種です。仕事の内容もより一層医師に近くなり、一人で学校や企業などの大勢の人を相手に治療をこなすことになります。看護の役割とともに医療の役割も担うので、それ相応の難しい試験が待っています。

保健と看護の違いは、病気の人を増やさないよう予防するか、病気の人を治すかという部分になります。すぐに治療が終わる怪我程度なら保健師が対応出来ますが、それ以上は難しいので病院で医師に治療を任せることになります。様々な資格がある中で、自分がやりたいこと、本当の意味での天職を探すために、色々な資格について勉強してみましょう。