動物の看護師とは

ご自宅に動物がいる方は、予防接種や病気の治療などで一度は動物病院に行かれたと思います。ペットショップだけではなく、今は動物病院でも飼い方のアドバイスをしてくれるので、気軽に専門的な話を聞くことが出来ます。その病院で医師のサポートをしている方が、動物のお医者さんならぬ、動物の看護師さんなのです。


動物病院で活躍する看護師

動物看護師は、色々な団体が基準を置いているので、国家資格でも公的資格でもありません。しかし認定試験を受けて資格を得ないと、動物看護士として職務に従事することは出来ません。看護師であるため医療行為をすることはせず、主に医師の指示のもと治療のサポートをします。入院中の動物のケアやケージの掃除、カルテの作成なども業務の一つです。病院に来る様々な動物に関するあらゆることをサポートするのが、動物看護士の役目です。


人間以外の命と共に

看護師と一言で聞くと、人間に対する医療だと考えますが、動物の医療にも看護は必要です。大型の動物は年齢を重ねるにつれて食事や排泄が困難になるため、介護をする知識も必要になります。そういった場合に相談相手になってくれるのも、動物看護師です。飼い主が抱く世話の疑問や悩みなどにも協力して解決に導きます。

最近は転職サイトでも動物医療の求人が目に留まります。動物病院の口コミでも、看護をサポートしてくれた方へのお礼の気持ちなどが書かれたりもしています。ただ動物が好きなだけではなく、その小さい命を助けるサポートをしたいと思う方は、是非動物看護士をチェックしてみて下さい。