看護師としての自分としっかり向き合う

自分の未来についてどれくらい考えていますか?
ぼんやりとして見通しのたたない未来に思いを巡らすのは苦しいものです。自分の未来は絶対に明るい。絶対に何も苦労することなく明るい未来を迎えることができる、そんな考えで生きていくことはできませんよね。
もちろんそんな楽観的な考えで日々生活する人もいるでしょうが、そんな考えで生きていると後で痛い目を見ることになってしまいかねません。しっかりと自分の将来に正しい認識を向けて、未来にしっかりとこぎだしましょう。
いつか必ずその苦労が報われたと思う時がくるはずです。反対に、苦労せずに迎えた未来はどこかで必ずほつれが生まれます。そのほつれは後でさらに大きくなり、その人を襲うでしょう。
看護師としてこれからも生きていきたいのなら看護師としてより良くこれからも働いていくにはどうすれば良いのか。どの看護師転職サイトを使えば良いのか。口コミの情報一辺倒で考えても良いものか。いろんなことに考えを巡らしておくことが大切ですね。


●自分は看護師の仕事で何を喜びに感じるのか

何を好きなのか。何に楽しいと感じるのか。どんなことに喜びを覚えるのか。これが大切です。
看護師として働く上で、人と接するそのコミュニケーションの分野に喜びを見出しているのか。それとも医療現場で働いているといそのことに喜びを見出すのか。自分でそのことを理解しておかなければいけません。
何が好きなのか。反対に何が嫌いなのか。何がしたいのか。何をしたくないのか。問題はここが何もない人です。
そんな若者が多いから無気力に生きる、ニートと呼ばれる人種も多くなっているのでしょう。


●自分と向き合う時間を作る

看護師は専門性が高く、時間にも自由が効かない少し特殊な仕事。
ここで忙しく働いていると自分のことを考える時間も無いかもしれません。どうでしょう。看護師の仕事をひと時置いておいて、転職サイトで活動を進めることも一時考えないで自分のためのことを。
ほんの一瞬でもモラトリアムを手に入れることができれば、きっと気分も変わるはずです。反対に自分と向き合わない人は人間としての底も浅く、考えが浅はかです。ここで考えた事柄は、看護師として働いていく上でも絶対に役に立つはずです。
自分のことをしっかりと理解してあげること。これが大切です。自分のことを一番わかっているのは自分。そう思っていてはわからないことが多いです。そんな思い上がりは捨てないと、転職活動にも支障を来しかねません。

看護師として働く合間にきちんとリフレッシュを

看護師として働いているうえで苦労は絶えません。
患者さんとのコミュニケーション。仕事内容の厳しさ、上司とのいざこざ。もし転職で解決する種類の悩みだとしたら、看護roo!などの口コミの評判が良い転職サイトを利用してより良い環境で働くことができるように努力するべきです。
転職前に実際に病院の雰囲気を見に行って自分が働くイメージを作ってみることがおすすめです。
ですが、これは看護師以外にも当てはまることですが、仕事をしていると思い悩んだりストレスがたまることも一つや二つではありません。上記のように看護師ならばなおさらです。看護師は時間の自由も効かない仕事です。
そういった勤務環境の中に置いても、しっかり自分の好きなもの、趣味などのレクリエーションに打ち込める時間を見つけておくことはとても大切です。


看護師は体力勝負

看護師における重要な要素は、実は体力ではないでしょうか。夜勤も多い看護師は、貧弱な体ではその勤務内容に耐えることができません。もちろん精神的にも他の業種と比べても同じ苦労、違う苦労も多くありますが体力をすり減らすタイプの仕事が多い看護師。
もし休みの時間を見繕うことができたとしたら、その時間にどうでしょうか。体力をつけるためにあえて運動をしてみるのは。日々の勤務で疲れてそれどころじゃない、と言いたいでしょうが、勤務にも慣れて多少余裕ができたところを見計らって、汗を流して運動に励んでみましょう。
運動の効果は計り知れず、体のリフレッシュ、体力増進だけでなく、精神的にも良い影響を与えます。ストレス解消や、考えもポジティブになり、日々の勤務に一層励むことができるでしょう。


気分をスッキリすることを目的に

日々多くの人と触れ合うことが多い看護師。その勤務ではどうしても精神をすり減らしてしまうことでしょう。なので、休みの日は他人のことを忘れて、心をゆっくり休養させてあげる必要があります。
他の人からもらう影響は計り知れません。ひとたび外に出れば、多くの視線にさらされてしまいます。それが思い込みだったとしても、無意識に心には負担がかかっていることでしょう。
なので休みくらいは人の存在から自分を遠ざけて、誰の心配をする必要も無い、誰からも心配されることのない世界に逃げることです。一人の世界に閉じこもる、と聞くとあまり聞こえがよくありませんが、それはこの情報に囲まれた情報社会において絶対に必要なことなのではないでしょうか。
いつも悩みの陰には、人間関係の問題が顔をのぞかせています。

看護師の転職ノウハウとは

経営難はどこも同じで、病院も今は経営が困難になっている状況です。転職サイトを検索してみるとどこも人手不足なのか、沢山のサイトや口コミ、求人が出て来ます。看護師も給与に落差があるので、人気の病院はすぐに埋まります。


看護師転職サイトが教える、転職ノウハウとは

様々な病院がある中で、自分が勤めたいと思った勤務先が見つかった場合、そのまま当たって砕けては意味がありません。看護の職場を転々として来たとしても、その内容を評価してもらえるように工夫しなければ宝の持ち腐れです。転職ノウハウの内容とは、埋もれてしまうかもしれないご自身の能力や実務経験を見つけ出し、履歴書や面接に役立てる方法を教えてくれるものです。自分の転職を優位にするためにも、このようなサービスをフルに活用していきましょう。


自分に合った職場を見つけるために

転職ノウハウは、自分を引き出すキッカケに過ぎません。自分の努力が最後には実を結ぶのです。看護の職を今まで続けてきた方も、これから看護の道に進もうとしている方も、自分は何故看護師になりたいと思ったのか、その初心を忘れないよう心がけましょう。

世の中には何千もの職種が存在します。その中で一つ、看護という業種を選んだのには、やはり理由があるはずです。その理由を元に意思を固め、自分に合った職場を見つける努力をしましょう。

転職をお考えの方はこちらを参考に・・・・看護roo!(看護ルー)の口コミ・評判・特徴を徹底検証

看護師と保健師の関係について

医療関係の資格を見てみると、看護師に似たような資格として保健師という言葉は出て来ます。転職サイトや口コミではあまり目にしませんが、保健と看護では一体何が違うのでしょうか。


看護師は病気になった人を・保健師は病気になる前の人を

看護師は基本的に病院や介護施設に勤務し、体調を崩して来院した人への対応や入院している方のケアや、医師の指示のもと医療サポートを行います。保健師は、学校や地域の施設に常勤し、ちょっとした怪我の治療や医療の相談を一手に引き受けます。まだ学生の頃、体育の時間や休み時間に怪我をして保健室に行きませんでしたか?あの時に治療をしてくれた方が、保健師です。


保健師は看護師の一歩上いく資格

保健師は看護師と保健師、両方の国家資格が必要になる職種です。仕事の内容もより一層医師に近くなり、一人で学校や企業などの大勢の人を相手に治療をこなすことになります。看護の役割とともに医療の役割も担うので、それ相応の難しい試験が待っています。

保健と看護の違いは、病気の人を増やさないよう予防するか、病気の人を治すかという部分になります。すぐに治療が終わる怪我程度なら保健師が対応出来ますが、それ以上は難しいので病院で医師に治療を任せることになります。様々な資格がある中で、自分がやりたいこと、本当の意味での天職を探すために、色々な資格について勉強してみましょう。

海外に赴く看護師

日本人の看護師で、看護するため海外に渡航する方が多くいらっしゃいます。今も内戦で苦しんでいる方々を救うため、自分の身を危険にさらして医療技術を提供する。それは国境なき医師団とも呼ばれています。


看護師が海外活躍する

人は自然の歴史の中では小指の先ほどの長さもない程に、歴史が浅いと言われています。この世にある自然物は、ほぼ全てが私たちの先輩たちです。そして私たちが進化をするように、自然も日々進化を続けています。最近は病原菌が進化をして蔓延しやすくなり、今まで小規模で抑えられていた被害がどんどん拡大して被害が及ぶようになってもいます。日本は先進国で医療が充実している国ですが、発展途上の国はそのような病原菌を少しも抑えることが出来ない程に、医療施設や医療スタッフが不足しています。そういう国に知識と技術を持ってサポートに向かう方が、国境なき医師団の看護師たちです。


守れる命が消える場所へ

私たちは、風邪をひいたらゆっくり休める家と布団がありますし、いざとなったら病院で診察を受けることも出来ます。口コミでより良い病院を選ぶことも出来ます。お金を払えばお薬を買うことも出来ます。ですが、国によってはその風邪で死に至る方もいるのです。治せる病なのに、治せない。救えるのに、救えない。このような状況を一刻も早く打破するために必要な医療スタッフとして、海外に派遣される看護師はその重要性を秘めています。

転職サイトでは国内のものが多いですが、海外派遣で検索をすると国境なき医師団の情報がトップに表示されます。それほど人々の関心も集めているのです。言葉が苦手でも研修制度があるため、ある程度の日常会話が出来れば登録は可能です。是非興味がおありの方は、インターネットで調べてみて下さい。

動物の看護師とは

ご自宅に動物がいる方は、予防接種や病気の治療などで一度は動物病院に行かれたと思います。ペットショップだけではなく、今は動物病院でも飼い方のアドバイスをしてくれるので、気軽に専門的な話を聞くことが出来ます。その病院で医師のサポートをしている方が、動物のお医者さんならぬ、動物の看護師さんなのです。


動物病院で活躍する看護師

動物看護師は、色々な団体が基準を置いているので、国家資格でも公的資格でもありません。しかし認定試験を受けて資格を得ないと、動物看護士として職務に従事することは出来ません。看護師であるため医療行為をすることはせず、主に医師の指示のもと治療のサポートをします。入院中の動物のケアやケージの掃除、カルテの作成なども業務の一つです。病院に来る様々な動物に関するあらゆることをサポートするのが、動物看護士の役目です。


人間以外の命と共に

看護師と一言で聞くと、人間に対する医療だと考えますが、動物の医療にも看護は必要です。大型の動物は年齢を重ねるにつれて食事や排泄が困難になるため、介護をする知識も必要になります。そういった場合に相談相手になってくれるのも、動物看護師です。飼い主が抱く世話の疑問や悩みなどにも協力して解決に導きます。

最近は転職サイトでも動物医療の求人が目に留まります。動物病院の口コミでも、看護をサポートしてくれた方へのお礼の気持ちなどが書かれたりもしています。ただ動物が好きなだけではなく、その小さい命を助けるサポートをしたいと思う方は、是非動物看護士をチェックしてみて下さい。

天使ではない看護師

ニュースを見ると、事故や事件が毎日のように多発しています。交番の前を通る際に、本日の死亡・1人という表示を目にすると、一日憂鬱な気分になります。そんな事件を、白衣の天使である看護師が起こしていたとしたら、もう病院になんて行きたくありませんね。


医師や看護師による医療事故

会社に通っていると年に一度の健康診断があります。レントゲンや採血もします。もしその針が使用済みのものだったら。突然事故に巻き込まれて緊急搬送されました。輸血されます。その血が何かの病気に感染したものだったら。実際に起こった事件を上げるときりがありませんが、人為的なミスを避けてはいるものの、医療事故は毎年起きています。巻き込まれないように気を付けたいところですが、患者になった場合は運に任せるしかないというのが現実です。


看護師はメンタルが大切

夜勤や病院内の人間関係など、医療スタッフには様々なストレスがかかります。スタッフ専門のカウンセラーがいるくらいです。医療事故は機械によるものや人の手によるものなど多岐にわたるため、原因はこれだと断言出来ません。少しでもそのような事故を減らすためにも、医療スタッフのメンタルケアはとても重要なものになっています。

転職サイトや口コミの掲示板などで看護師の求人を目にする度、この病院は何故人手不足なのかと考えることがありますが、いざという時には病院を信頼して頼ることしか出来ません。医療スタッフが安心して業務に従事出来る環境を整えられるようになって頂きたいものです。